2007年10月

荒天の日 -根知の色-

2007年10月21日(日曜日)

10月20日、直江津駅前のフリーマーケットへ出かけました。
季節風吹きすさぶ通りで、暖かみのある包装の寿司を買いました。
糸魚川市根知谷の笹寿司とありました。家で開けてみますと当ページ9月3日掲載「根知山寺の延年」の鮮やかな装束色を思い出しました。
ところで現NHK大河ドラマ「風林火山」で信玄に追われる村上義清は謙信を頼って越後に逃れます。謙信の厚い信頼のもと義清が任されたのは根知城でした。
根知はその後も様々な時代の波に洗われるようですが、美しい延年や素朴な寿司の色に、ふと人々の変わらぬ願いのようなものを感じました。雲たれ込める荒天の日に再会した素朴なハレの色でした。

 

秋は更けていく

2007年10月15日(月曜日)

このところ夕刻になると近隣の湖沼から海へと雁が渡ります。声とともに羽音まで聞こえますのでもの悲しいのですが、里ならではの詩情です。

 

 

里の夕 道に草花空に雁 ひと目ひと耳 秋は更けいく

去る6日(土曜)夕刻、チェンバロ演奏会を致しました

2007年10月10日(水曜日)

 

10月6日夕刻、樹下美術館陶芸ホールでチェンバロ演奏会が行われました。
大潟区の友人ご夫妻のご好意で企画され、お陰さまでささやかながら暖かな会となりました。
ホールが小さいので来年は2部でお知らせして出来ればと思いました。
東京から貴重なチェンバロをお運び頂いて演奏された加久間朋子様、梶山希代様、お客様、企画頂きましたお二人様、本当に有り難うございました。

2007年10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

▲ このページのTOPへ