堀口すみれ子さんが樹下美術館を書いてくださった。

2009年12月31日(木曜日)

いよいよ今日で2009年も終わり。無事にと言えばいいのでしょうか、大切な仕事は続いています。 

 昨日は長く診ていた方の看取りがありました。今日は午前中に二人の重いお年寄りの往診です。患者さんと私の安心のため、年末年始もよくこんな風にしています。お天気は昨日の晴天から荒れたみぞれに変わりました。

 

  さて先日、かまくら春秋社という出版社から本が届きました。数ある当社の出版物から、詩とことばの季刊誌「星座」のno52号でした。湘南の香りがする本は2010年初霜号とありました。星座52・2010

 

中の随筆に齋藤三郎さん親子と樹下美術館のことが3ページにわたって書かれていました。筆者は堀口すみれ子さんです。学芸都市、鎌倉の出版社ですからことさら光栄でした。

 

 実は堀口さんには夏の頃にお手紙を差し上げていました。来年の6月、樹下美術館の3周年記念にぜひお話を、と考えていたからです。 

 

 そんな折りの11月8日、突然堀口さんが樹下美術館を訪ねて来られました。初めてお会いするすみれ子さんは優しくて素敵な人でした。

 先の大戦前後、上越には疎開を機に多くの文化人がやってきました。中でも小さなお子さん連れで住まわれた堀口大學ご一家の事は心惹かれます。

虹の食卓から/樹下美術館  後年、大學のご長女すみれ子さんは、お父様とご家族のことを「虹の館」に著されました。文中に高田で撮った大学と一緒の写真がありました。

明るい日差しの高田に大學親子、不勉強の自分には信じられない光景でした。そしてとても幸せそうでした。この時、ぜひすみれ子さんにお話をお聞きしたいと思いました。

 講演は来年6月の予定となりました。その日のことが待ち遠しく思われます。

 

左は齋藤三郎さん親子と11月の樹下美術館訪問が書かれた星座52号

2009年12月
« 11月   1月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

▲ このページのTOPへ