2013年3月

山本信さんの「少女」の塑像の表情。

2013年3月31日(日曜日)

先週の日曜日は大宮で山本信氏の彫刻展最終日を見た。そのとき求めた少女の像のなんとも言えない笑みに惹かれた。

作品は予定よりも早く届けられた。それが昨日、考えていた樹下美術館の壁際のテーブルに置くと微笑が消え、あまつさえ緊張が現れたのだ。

 

山本伸展会場にてリラックスと笑みは先週末の個展会場で。

樹下美術館のコンソールテーブルにて
昨日樹下美術館の壁際のテーブルで思わぬ緊張が現れた。写す角度を色々変えたが同じだった。

大宮の微笑はどこへ消えたのか、同じ作品とは思われないほどの違いに戸惑った。そこであらためて大宮の写真を見ると像の影が右前に出ていて、左上からの逆光であることが分かった。

これだと少女の上下の唇が合わさるラインが良く出る。さらに上がっていた左右の口角がくっきり現れ、微笑みが浮かぶにちがいない。

一方当美術館の壁際のテーブルに置いた場合、正面からの外光によって影が生まれにくい。当然笑みをもたらす口角もうまく現れない。しかも目のフチと全体が平板となり、逆に眼球だけが光る。笑みに代わって緊張が生まれるのもうなずけた。

窓辺で
高さおよそ24㎝、小ぶりな少女は窓辺に移って初々しい表情に変わった。
時間(日の高さ)、お天気によっても微妙に変わるのではないだろうか。

本日夕刻、出かけて行って窓際のカウンターに置いてみた。すると外光を背にして笑みが戻り、とても柔和な表情となった。
妻によると会場で山本さんは「光を考えて置いてみてください」、と仰ったそうである。

確かに彫刻、とくに人や動物、そのほか構造物、さらに自然までが光りと影(あるいは時間)で表情は変わろう。写真でもそのことを経験する。

このたびは少女の貴重な微笑が戻り胸をなで下ろした。今後は窓辺で、しかも皆様の近くでお迎えできるようになり、良かったと思う。

鈴木秀昭さんの金彩花銀河茶碗。

2013年3月29日(金曜日)

10数年、愛してやまない現代陶芸作家、鈴木秀昭さんの抹茶茶碗が届いた。氏は色絵であるが、器には金彩銀彩を用い、天文的な記号や文様が描かれる。

宇宙の様式や真理を曼荼羅的に表象させているように見えるが、なにより壮大な気宇のもとで制作を˝楽しむ˝氏の時間が伝わってくる。
見込み1

見込み1見込み(茶碗内側)の幾何学的あるいは物理学的な文様。

006見込みの一部に露草が描かれ、下方に桜がある。ここは突然琳派的な絵付け。

見込みと茶だまり上から見込みと茶だまり(底)を見る。太陽であろうか存在の根源が輝いている。
それにしても器の内側まで細密な模様を描ききる。直線などはどんな筆でどのように描くのだろう。

 正面碗の正面は桜とキキョウの春秋が描かれている。
ちりばめられた記号に四季の花が描かれるのを見たのは初めて。
宇宙の時間に四季が重なる。氏はつねに進化し、ファンを驚かす。

 

脇碗の裏手は向側の見込みと同じ模様が相対している。白い地肌が静かに金彩を輝かせる。形も実に大らか。

 

IMG_9922昨年から樹下美術館のカフェでお出ししている鈴木さんのお抹茶茶碗「金彩銀彩星塵茶碗」
人気がある。

鈴木さんの器は絵付けが途方も無く細密で、しかも金銀彩が重ねられる。一体何度焼成するのだろうか。

超絶な作風にもかかわらず、価格はうん十万ではなく10万円以下。このことにも驚かされる。氏は従来の陶芸家の立場から解放されているのかもしれない。ファンはきっと厚いことだろう。

鈴木秀昭さん:1959年東京生まれ、伊東市在住/ユタ州立大学社会学部卒業/アメリカに於いて芸術系大学院卒業/アメリカ、カナダ、オランダ、韓国で制活動/フランス文科相賞受賞、オーストラリア国際陶芸展で奨励賞、現代工芸アートフェア(東京国際フォーラム)、バラミタ陶芸大賞の受賞歴/フランス、オランダ、アメリカ、オーストラリア、ほか国内の美術施設でもコレクションされる。

以前にも金銀彩綺麗星茶碗」を当ノートで紹介させて頂きました。

文芸たかだ3月号表紙のコブシ。

2013年3月27日(水曜日)

高田文化協会発行の文芸たかだ3月号の表紙コブシは恥ずかしながら筆者が描きました。馬子にも衣装、表題が付き、号数や発行所があると何とか表紙に見えるでしょうか。

水彩の原画は何度も描き直しました。楽しみながら始めたものの締め切りが近づくにつれ、ああでもない、こうてもないと小さな作品と格闘しました。

 

img003巻末の表紙に寄せては「青空にぱっぱっと咲くコブシ。もしかしたら冬のあいだ地中に沈んで行った雪が、今度は春を喜んで空へ飛び立っているのかもしれません」と書きました。見事なハクモクレンも素晴らしいし、コブシのほがらかな感じもいいです。

 

img004コブシはスキャンしてデータを提出しましたが、手元に残った絵を描き直したものが上掲です。平板な感じとなり、やはり表紙の方が良かったようでした。吉越編集長さんの眼力に敬意です。

私の番は次号5月号で終わりです。次はのどかな海の絵が描けたら、と思っています。

1305音楽会のお知らせ

一泊の上京 その3・上野と大宮

2013年3月25日(月曜日)

さる週末の24日(日曜日)午前は上野の国立西洋美術館でラファエロ展を見た。貴重なラファエロが日本で見られるのは初めてであり、混雑が予想されていた。開館前から並んだ。

 

父や師の作品も展示されているが、ラファエロ本人の前は特別な人の山だった。お目当ては「大公の聖母」。縦横およそ85×56㎝で大きくはない。しかし遠くまで静かで歴史的な引力を放っていた。

すでに強いまなざしを含むキリストの表情と聖母マリアの愁いと優しさの対比、衣服の鮮やかな青と赤の対比と黒の強調効果、完璧な構図、、、。マネやルノワールらも美の規範と仰いだというラファエロはテーマに徹し、何とも美しく上品だった。

「大公の聖母」は山のごとき来館者の後ろから、あるいは時間をかけて前に出て見て名残尽きなかった。

 

2の2国立西洋美館会場の美術館前。

午後から大宮で開催されている彫刻家の山本信展を見た。「記憶の中のポートレート」のタイトルだった。人物たちは個性的な内面を有しているのに透明感があり、会場は寓話に似た世界が広がっていた。

 

3の3山本伸展にて

 

2の4山本伸展私たちが求めた作品。山本氏は暖かくなったら本作品を携えて樹下美術館を訪ねて来られる。
カフェのコンソールテーブルに飾るのが今から楽しみです。

伝えられるように上野の桜は予想よりはるかに早く咲き、三月の花見となっていた。外国人が多いのにも驚かされる。都立中学校の茶道クラブがjまとまって野点をしていた。とても人気で、美味しくしかも無料で一服頂けた。

130

一泊の上京 その2・上野池之端はコーダリー

2013年3月25日(月曜日)

コーダリー
3月23日の夕食は上野池之端の「コーダリー」だった。

フレンチは濃やかで美味しく、リーズナブルに選ばれたワインは良かった。

9コーダリーにて

ご一緒した方は良寛や北越雪譜のことなどよくご存じで、驚かされるとともに楽しい時間を過ごした。

一泊の上京 その1・御茶ノ水駅界隈

2013年3月25日(月曜日)

3月23日土曜日は所用で上京した。宿泊したのは長年のあこがれ駿河台の「山の上ホテル」だった。川端康成、檀一雄、三島由紀夫、山口瞳、池波正太郎などなど、数多くの文人たちが愛した宿に泊まるとは、ある種夢のようだった。

そもそも御茶ノ水駅一帯は東京のど真ん中であるのに昔から縁遠かった。出身校が品川区だったせいかもしれない。このたび外国に行くような気持ちで由緒ある宿にチェックインし、待ちきれずに付近を歩いた。

1山の上のホテルこじんまりながら、なんとも嬉しいアールデコ調の山の上ホテル。
スタッフの初々しいホスピタリティも素晴らしい。
そもそも場所は明治大学の構内のような所。

2お茶の水幼稚園、小学校るお茶の水幼稚園と小学校。

3漱石の文学碑同小学校で夏目漱石も学んでいる。当時は錦華小学校と呼ばれていたらしい。近くに錦華坂というのもある。

4小川書店古書の雄、神田は八木書店。ここから定期的に立派なカタログが送られてくる。

ギター店表にまで楽器が並べられた中古ギター店。

6お茶の水駅から御茶ノ水駅から向こうに二つの大学医学部、それぞれの病院の眺めはさすが。

7聖橋聖橋。中央線と地下鉄が交差し、ダイナミックで立体的なスケールはさすが。

8ニコライ堂ニコライ堂は昔よりもくっきり美しく感じた。

東京には早く着きすぎたかなと思ったが、一種旅情を感じながら楽しいお上りさんの散歩が出来た。
またきましょう、とは妻の感想だった。

後日の追加です:山の上ホテルをアールデコ調と書きましたが、思い出すのは当ノート2011年12月の記事でした。筆者は母校の旧病院の写真を付してアールデコ調と書きました。改めて山の上ホテルの写真と見比べますと、よく似ています。

病院は1939年、ホテルは1937年の竣工ということ、当時よく似た建造物が各所で見られたことが伺われます。様式の流行は昔のほうが濃厚だったのかもしれません。また当初、御茶ノ水駅の表記がばらばらだったこと反省しています。

幼い松を移植した。

2013年3月22日(金曜日)

樹下美術館隣接の庭に実生で育った小さな松が沢山ある。数本の古い松から落ちた松ぼっくりから育っている。落ち葉が積もる自然な環境は悪くないが日当たりが悪い。

それで一昨日、美術館の東側の草地(雑草地)へ移した。

元の場所元あったところで撮影した若木。子どもが遊んでいるような無邪気さ。

新しい場所に日当たりのよい新天地で、無事に育ってください。

70歳を過ぎて松を植える、、、いつまで見届けられるのかと思う。しかしこの年になれば何をしてもみな同じ、良いと思うことを行えばいい。

9本移したが、大きなものは胸の高さくらいで、チビちゃんは膝くらい。

今夕仕事を終えて支柱を添えた。始まって20年は経つのか、松枯れの病は絶えない。新たな楽しみであるが無事な成長を祈るばかりだ。

良いお彼岸でした。

2013年3月20日(水曜日)

穏やかな薄曇、今頃らしいといえばそのようなお彼岸の一日でした。

上越に良いところがあると聞いたからという新潟市のカップルさん、二時間以上もゆっくりされましたね。

 

お客様

お近くの青年さん、市内のカップルさん、多くの皆様、丁寧に作品を見て頂き感謝しています。

 

線路母の故郷佐賀県を訪ねたのは昨年の今頃で、お彼岸の連休。思い出深い感傷旅行でした。
ところで樹下美術館の行き帰りによくこの踏切を通ります。ほくほく線と信越線が通過する広い踏切にはいつも旅情が漂っています。(向こうは犀潟駅です)

おはぎ友人ご夫婦からおはぎを頂きました。お二人ともいつも忙しいのに美味しいおはぎでした。

かつて医師会長のころあまりの忙しさに頭がおかしくなりそうでした。
「用事は忙しい人に頼め」か、なるほどなと思いました。

「忙しい人ほどちゃんと作る」
これは本日おはぎを見た妻の感想でした。

午後からお客様の相手をさせて頂いたり、裏の芝生の草取りや、チューリップの植栽、実生で育っている松苗の移植などして暗くなるまで美術館で過ごしました。明日は一転荒れて寒くなるという予報です。
※チューリップは、前年秋に慌ただしく(時には悪天候も)支度するより、春にスーパーで苗を買う方がずっと便利と知りました。

よく晴れた日曜日の美術館。

2013年3月17日(日曜日)

本日日曜日はよく晴れました。

午前早くから新潟市の男性が来館され三脚を立てて沢山美術館を撮られ、5月の音楽会の予約もされたとお聞きしました。何とも嬉しいことでした。

昼食にカフェのトーストを食べて庭で仕事をしましたが、短パンのランナーが入って来られ、しばらくして再び走って出られました。ミルクを飲んで行かれたそうです、日曜日ですね。

 

天井の明かり絵画ホールの天井は短い半円に切り抜かれています。そこから気持ちの良い空が見えていました。

ねそべるその天井の光が照らしていたのは倉石隆氏のペン画。戦後まもなくご長女を描かれました。
いわゆる˝わら半紙˝に描かれていて劣化が目立ちますので、複製を架けました。

イチゲ例年、こっそりと咲き始めるキクザキイチゲ。

来館者さんうまく撮れたと思いましたので見ていただき、「ブログに載せていいですか」とお聞きしました。
お二人は「どうぞ!」と仰ってくださいました。

013

飛行機雲夕方にかけて庭全体に液肥をかけていると、入り日の空に飛行機雲。
梅のつぼみが膨らんでいます。

本日ご来館の皆様、有り難うございました。

昨日15日は7年目の開館でした。

2013年3月16日(土曜日)

冷えましたが昨日3月15日はよく晴れ、今年の樹下美術館が開館いたしました。
これまで3月1日の開館でしたが、毎年相当に雪が残り初日のお客様は数人ということもありました。
それに比して本日は雪もなく14名の方がお見えになり、樹下美術館としては好調なスタートと喜んでいます。

昼に寄りましたカフェで窓辺の春陽に当たる皆様の背中に笑顔を感じました。
お会いした方からは展示への好印象が聞けて喜んでいます。

同夜パソコンのインクを買いに外出しますと美しい星空。
9時過ぎの西方にオリオン座と冬の大三角、そして大六角が天上まででありありと見られました。
染み渡った星空は壮大で、開館まで続いた慌ただしさを忘れさせてくれました。

冬の大六角西の夜空に大きなダイアモンド、左下の灯は直江津です。

 今年も何卒よろしくお願い申し上げます。

楽しい展示になりました。

2013年3月14日(木曜日)

寒い一日でした。皆で展示作業を行い無事終了しました。

例年より15日開館を遅らせましたが、お陰様で準備にゆとりが生まれ、

展示が深みを増したように感じられます。

 

012様々な表情をした11点の倉石隆のお嬢さんたちです。

 

010四つの器にお花も入りました。

どうぞお楽しみに。

二回目のミーティングの日。

2013年3月12日(火曜日)

二日続きの晴、三月のお天気は例年より機嫌良く見えます。

本日昼、今月二回目のミーティングをしました。

皆様への説明力アップを目指し、スタッフ向けに作品の細かな資料を作成してより良い対応を

心がけることに致しました。

本日雪囲いもすっかり取れました。

ミーティング

お掃除1

お掃除2

お掃除3

13年の倉石隆展示大

13年陶齋大

3:11は続く。

2013年3月12日(火曜日)

3:11大地震で新潟県内に福島県から避難を続けられている方々はまだ5800人にも及んでいる、と伝えるニュース。驚くべきことであろう。

2年を経て当県に移住を望んでいる方は四分の一、残り多くの方は、帰郷もふくめ今なお不安のまま明確な進路を決められないでいおられる。

 

ニュースには避難者数が減っていないこと、さらに昨年よりも深刻さが増したというインタビューもあった。
住、職、こどもたちのl進路等々、時には家族でも意見が分かれるという、、、長引くほど当然かもしれない。皆さんの現実と心は引き裂かれたままだ。風評被害と言って済ますことやイベントごとは何も役に立たない。

 

大災害の復興はいくつか大きく力強いステップが必要だ。今も被害者を漂わせているのは国が思い切った指針や施策を出さないでいるためであろう。

いったん汚染されれば混迷は長く続く、津波災害と原発災害のちがいだ。

 

現在の避難者の課題は全国くまなく原発が立地している日本全体の問題でもある。原発に安心や安全などあろうはずがない。

分校同級会 親戚が70代が最も楽しかったと言った。

2013年3月10日(日曜日)

二日間ほど大変暖かな日が続いたが、本日は朝から寒風吹きすさぶ一日となった。一作日は20度もあったというのに本日は2度まで下がった。

昨夕、私たちが小学校一年生から三年生まで通った旧潟町村小学校の分校同級会があった。1クラス60人もの同級生だったが、毎年なので近隣だけで集まるようになっている。
昨年より1名多い13人の参加だった。幹事をした自分には1名でも多いのはうれしい。

みなすでに71歳になっている。だれかが帰りのマイクロバスの中で次のように言った。
「A君が˝こうやって元気でいれるなんて感謝しなきゃいけない˝って言ったよ。あんなにやんちゃだった男が言うなんて、みんな年を取ったんだなあってつくづく思ったね」
述べた本人もまたやんちゃだった。

最近、ある親戚との電話で「私は80歳を過ぎたけれど、旅行も沢山したし70代が最も楽しかったと思う」、と聞かされた。
驚くような話だったが、思わぬ安心と勇気を頂いた。

この方はつねに活動的で明るい。もしかしたら90歳をこえた時に「80代が最も楽しかった」と仰るかもしれない。
長く嫁ぎ先の両親を介護された方、人として理想的な言葉だと思った。

分校同級会の一コマ昨日の一コマ。

ライトとエレガンス、今年からカフェに加わる器です。

2013年3月8日(金曜日)

毎年カフェの食器を少しずつ入れ替えてきました。

今年は英国のミッドウインター社のファッションシェイプから軽やかなカップ&ソーサーが2器、

ドイツマイセン社から東洋的でエレガントなブルーオーキッド(青い蘭)が2器加わります。

軽やかさと優雅さ、対照的で楽しめることでしょう。

デビュー食器

非常に暖かだったミーティングの日

2013年3月7日(木曜日)

午後の休診日、昼から15日の今年の開館に向けてミーティングをした。

冬期休暇の80日は、ある種あっという間だった。久しぶりのスタッフは私が痩せたことにびっくりしていた。

庭からカフェは板囲いされている。昨年は雪から掘り出すようにして開館した。
本日小さな三角形の雪が、建物にしがみついて残っていたるだけ、昨年とは大違い。
しかし突然どかっと降らないとも限らない。

クリスマスローズ庭で最初に咲くクリスマスローズはいつもこのニガー種、それもチビちゃんから。

雪囲いを解くランチのあと、あまりの暖かさに低い木立の雪囲いの一部を取ってみた。
まだ何倍も残っているが、男性スタッフがやってくれる。

皆さんとのランチは大潟区土底浜の「サブリーユ」で。魚料理のコースランチは美味しくて、おなかいっぱいだった。新たな課題はリバウンドかもしれない。

樹下美術館、5月のコンサートのお知らせ。もやがちな午後。

2013年3月6日(水曜日)

朝から南風の日です。さて5月の「チェロとギター音楽会」のお知らせをさせて頂きます。

幅広く豊かな音楽センスをお持ちのお二人の演奏が待たれます。

更新フライヤー                           (大きくしてご覧ください)

 

夕暮れ四谷浜夕暮れの四ツ屋浜の追加です。

本日遠くの景色がもやにかすんでいた。中国からのPM2,5プラス黄砂かもしれなません、セキ払いしたいような喉の違和感が続きました。

もうすぐ今年の開館。

2013年3月4日(月曜日)

よく晴れた日でした。樹下美術館は雪がほとんど消えて15日の会館を迎えようとしています。

今年の齋藤三郎(陶芸)は「代表作展」としました。展示作品の花瓶のいくつかには実際花を飾ことにいたしました。

倉石隆(絵画)は「倉石隆のお嬢さん展」とし、展示は素描、油彩、版画から7~8点を選んで架けます。

˝どうかお楽しみにお待ちください˝

 

今日の樹下美術館本日午昼の樹下美術館。雪はほとんど消えました。

スズメの影窓外の手すりに置いたえさ台にスズメ。朝のカーテンに鳥の影が写っていました。

枯れボクチくびきの四季に切れ目なし。

2013年3月3日(日曜日)

時々小雪が降る寒い日曜日。頸城区から吉川区の山沿いの道を走った。

冬を越え秋から春へ、季節は切れ目なく繋がっているようです。

 

用水の緑下萌えが現れている用水路。

山芋の実冬を越えた山芋の実。

マンサクマンサクが我慢している。

竹の秋いつしか竹の秋(春、地下のタケノコに栄養を渡し、自分は黄葉する)。

オオヤマボクチ大雪を生き延びたオオヤマボクチの枯れ花。エレガントで驚きました。

池オオヤマボクチがあったそばの小さな用水池。

白鳥は優雅ばかりでない。

2013年3月1日(金曜日)

悪天候が続いた2月最後の昨日は気持ちよく晴れた。上越市大潟区の朝日池とその周辺で冬鳥を見るのは楽しみの一つになっている。比較的雪が少なくい田は広大で静か。大型の冬鳥たちのえさ場として好地らしい。

昨日木曜午後は休診、鳥を見に行った。

田に居た白鳥の群れは大きく実に活発だった。湖沼に休む優雅なイメージとは大違い、田に首まで浸かって稲の根をあさる姿は旺盛で動物そのもの。そして賑やかだったこと。群れはコハクチョウが主でオオハクチョウが混ざっていたと思われました。

春が、好天が鳥を活気づかせるのだろう。北帰行を前に日本の最後の冬を満喫する風だった。この日別の田で50羽のハクガンの食餌も見ることが出来た。

 

くすぐらないで くすぐらないで。

そろそろ結論をそろそろ結論を。

ちょっかいは止めなさいちょっかいは止めなさい。

おなかいっぱいねおなかいっぱいのお顔汚し。

ここは静かだね首が長いのは訳があるのね。

ああ何と言えばいいのだろうああ何と言えばいいのだろう。

 

昨日、一昨日の夜間、悪化した往診先のお年よりを入院させてくださった二カ所の病院さん、ご親切な対応に心から感謝致しております。

2013年3月
« 2月   4月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

▲ このページのTOPへ