2017年の展示1.齋藤三郎(陶齋)の作品。

2017年2月21日(火曜日)

来る3月15日(水曜日)の今年の開館が近づきました。
ここへ来て寒い日が続いていますが、開館のころには
ぽつぽつと早春の趣が見られることでしょう。

今年の樹下美術館の展示は以下のようになりました。
齋藤三郎(陶齋)は「陶齋の色絵と鉄絵」
倉石隆はカリカチュア風な倉石隆
です。
本日は陶齋をお知らせ致します。

生涯絵付け陶器にこだわった陶齋は多様な表現を行いまし
た。最も人気だったのは色絵作品で、赤、緑、黄色、青など
の多色を用いて華やかに描きました。

一方単色で描く染付(そめつけ)と鉄絵(てつえ)も積極的に
制作しました。かって樹下美術館で「色絵と染附」展を行い
ましたが、この度二度目の「色絵と鉄絵」です。

鉄絵はモノクロームで地味ですが、その分変化やデザイン
性を活かして魅力的です。色絵と互いに引き立て合う展示に
なればと期待しています。どうかお楽しみ下さい。

 

 

陶齋展示ファイルブログ用

 

●お示ししたタイトルはかって同じ主旨で展示をしたことがありますが、
昨年~今年に収蔵した4点が相当しますため、今年再度開催する事
に致しました。

明日は倉石隆作品について掲載いたします。

2017年2月
« 1月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

▲ このページのTOPへ