2018年2月2日

2018齋藤三郎の展示は「染め付け」です。

2018年2月2日(金曜日)

昨日に続いて本日は終日気持ち良く晴れました。
誕生日が私と一日違いの人や、二日違いの患者さん
が見えて親しみを覚えました。

今年の開館は3月15日ですが、昨日の倉石隆に続い
て齋藤三郎(陶齋)のの展示予定「染め付け」につい
て掲載します。

陶齋は染め付けを「染附」と書いていました。酸化コ
バルトを主原料とした絵の具(顔料、うわぐすり)で
地や模様を描き、青く発色させる手法を染め付けとい
います。

爽やかで上品な風合いによって古くから食器や茶道具
で人気があり、格調高く扱われるものもありました。
齋藤三郎は髙田以前の早い時代から染め付け作品を製
作していました。

page001

本日は焼き物に多くの草花文様(模様)を描いた
陶齋の作品の中から、今年の展示に見られる草花
(植物)を以下に挙げてみました。

 

82563●.
   あさがお         あざみ          うめ

 

902176
    かぼちゃ        こぶし         ささゆり

 

5269●● - コピー81
    ざくろ        すいせん          すぎな

 

IMG_2506 - コピー7091
    竹          竹林        チューリップ

 

131517
つばき          つばき         つばき

 

2369●●65
     つばき       つゆくさ       ちょうじそう

 

67●●48
どくだみ         葉

 

柔軟な手で素早く描いた齋藤三郎。
不断の観察力によて植物の軟らかさと各々の特有
な魅力を描き出しています。
ご来館の際には近くにも寄ってご覧下さい。

 

2018年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

▲ このページのTOPへ