右足が外を向いていた自分の歩行 足跡が欠点とは。

2018年3月6日(火曜日)

昼休みの海岸ウオークで、砂上に付いた自分の
足跡を見て少々がっかりした。

2
矢印が右足跡。左足に較べ、かなり外に開いてい
る一種のガニマタ。

 

3
出合ったどなたかの足跡。左右ともに私より外を向
きジグザクになっている。
年上の人か、長く足腰に負荷の掛かる仕事をされた
人ではないだろうか。

 

海に沿った舗装道路が砂に覆われそこを工事用車輌
が行き交ってキャタピラーの跡がついていた。歩く
と足跡がくっきり付いた。

4
↑右足を真っ直ぐになるよう意識して歩いてみた。
(この写真では向こうからこちらへ2回歩いていま
す)。しかしまだ右足は外向きで急には直らない。

先日平均台を歩くようにしているなどと偉そうに書
いたものの、全く出来ていなかった。
果たして矯正できるものか。自分が股びらきで歩い
ているのに気づいたのは30代初めだった。
両足だと思っていたのが左足だけ開いていたとは。

幼若のころから右股関節あるいは内転筋などに問
題があり、この傾向が生じているのかもしれない。

年を取って初めて出合う良い事がある一方で、初
めて知る自分の欠点もままある。
足跡がそれとは、非常に象徴的。

2018年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

▲ このページのTOPへ