明日から「桜のレクイエム 塩﨑貞夫展」が始まる。

2018年4月18日(水曜日)

建って12年目の樹下美術館。これまでずっと上越ゆ
かりの陶芸家・齋藤三郎と画家・倉石隆の作品を常設
展示してきました。

そんな当館の昨年秋、あるお二方のご協力で初めてほ
かの作家さんの展示が浮上し、このたび実現しました。

糸魚川で生まれ、東京を本拠にされ、2014年2月に
80才で亡くなられた画家、塩﨑貞夫さんの作品展です。

小ぶりな美術館ゆえ陶芸ホールとカフェを使い15点が
収まりました。

以下は本日展示作業を終えた塩崎作品の一コマです。

1
「樹下午睡」

 

2

 

3
「海」

 

4
「女人午睡」を引いて観る。

 


5
「蓄音機の上の「コスモス」

 

6
「カフェの「東塔」

倉石隆作品の絵画をそのままにして、齋藤三郎の染め付けの
陶芸展示を一部アレンジし、ほどよく塩﨑作品が架かりまし
た。

ガブリエル・フォーレの鎮魂歌に深く惹かれた塩﨑氏の絵画
は、想像以上に展示場、さらにカフェや庭とも良く調和しま
した。
作品からは時空を越えて、今に生きる者に対しても氏による
幸福と鎮魂の願いや祈りが伝わるように感じられます。

 

7
照明の調整。

 

8

「桜のレクイエム 塩崎貞夫展」の通り美術館は、遅い山
桜が満開、チューリップもミツバツツジも精一杯咲きまし
た。

来月13日までの会期、入場料はいつもの200円です。
良い季節になりました、お訪ね頂き,不思議と心安らぐ
作品をお楽しみください。

今年から毎水曜日が休館になっています。

2018年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

▲ このページのTOPへ