堀川紀夫さんの教え子さんたち テンセグリティの庭に蝶と虹 米山の夕雲。

2018年7月28日(土曜日)

堀川紀夫展の開会から三日、60余入の入館者さんを数えた。
多いか少ないかの判断は余人に任せるとして、当館としては
順調な出足を喜んでいる。

6 (2)
受付わきに置かれた小品と小さな案内パネル。
パネルは堀川紀夫さんが持参して下さった。
怠け者の当館は催事のノウハウ開発に疎く、このようなことま
で出品者におんぶしている(大汗)。

さて本日、作家が若かりし日に教鞭を執った山間の学校の教
え子さん達が来られた。
かっての師弟の再会は見ていて心温まるもので、二十四の瞳
や山びこ学校の事を思い出した。

 

1
館内外の生徒さんたち。

 

2
閉館後の撒水時四頭のアゲハ蝶がミソハギに来ていた。
吸蜜ではなく、この花をねぐらに選んだのかもしれない。

 

3
帰り際、高い虹が架かっていた。堀川展の挨拶文に“幸福の
テンセグリティ”と書いたが、その事が脳裡をよぎった。

 

4
駐車場を出るとあたかも名画の如く美術館も祝福されていた。

5
台風12号の影響か夕暮れの空は盛大に焼けた。入り陽の反
対方面に位置する米山に湧く雲もいっとき見事に染まった。

さて台風12号は関東沖から東海へ逆走を始めている。
偏西風に逆らう台風など極めて異常ではないだろうか。
まだ勢力もあり、水害を被ったばかりの中国地方は大丈夫だろ
うか。

2018年7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

▲ このページのTOPへ