期待が高まる「堀川紀夫展 夏庭のテンセグリティ」。

2018年7月8日(日曜日)

数日雨に降られ、寒くて目が覚めるような朝があった日頃。
本日は清々しい陽が射した。

鳥が現れ百合が咲き誇り、庭に置いてみているテンセグリ
ティは陽光の中で生気を放った。

8
陽光を浴びて冴える4本アルミのテンセグリティ。

 

7
カフェのカウンターに置いた作品と対面。

 

4
昨日は格納する予定と書いた室内のテンセグリティ。しかし
今週末珍しく賑わってその暇が無かった

 

5
色彩が地味目な作品も混じり形状とともにヴァリエーション
が楽しい。

 

6
日に日に館内に馴染む作品。少々淋しい気もするが今週
休館の水曜日に一度しまってみよう。

 

1
樹下美術館ではたまにしかお目に掛かれないオナガ。

 

2
午後のスーパーセンターで見た金魚。

 



9
閉館後、凪に和む作品。本日清々しく芝が刈られた。

 

10
閉館後の鉄砲百合。

さて調子を見ようとて架けてみた室内のテンセグリティ。すで
に欲しいという人が何人か現れて嬉しい手応え。

晴れた本日、庭の2点も大変生き生きとして見えた。
館内だけで30点はあり、庭に予定されている作品が揃えば相
当大きなスケールの楽しい展覧会が期待される。

2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

▲ このページのTOPへ