ホームページ、ブログの縁 女子高校生の寄り道 倉石隆の絵。

2014年5月4日(日曜日)

連休真っ盛りとなりました。
樹下美術館もいつもより多くの方達にお寄り頂き感謝しています。

鯨波へご家族でいらした東京の女子高生が電車に乗って樹下美術館を訪ねて下さいました。
樹下美術館のホームページかブログをご覧になりお一人で訪ねられたとスタッフから聞きしました。

女子高生のメモ可愛いメモ

展示をご覧になりカフェに下りてお茶、そして紙ナプキンに可愛いメモを残されました。
素敵な洋服のきれいな人だったそうです。

メモをポケットに入れたあと庭仕事をましたので、しわくちゃにしてしまいました。本当にごめんなさい。
当館が青春の小さな旅の思い出に残りますように。

もう一方も東京からでした。ホームページあるいはブログで当館を知ったと、ある美術関連の方が倉石隆の絵を携えられました。
氏の作品には非常に興味がありますので拝見しますと、初めて見るタイプの絵。
大変気に入りました。

お役に立てればとおっしゃり格安で譲って頂きました。
その方のバブル以後の美術の話は興味深く、
あと20年の辛抱、若者達の成長は期待出来ると明解に仰いました。
もうその時を見ることはないでしょうが、将来kの希望はやはり心温まります。

明日その絵をこのノートに掲載し、第3稿まで進んでいる倉石氏の図録にも急遽載せます。

さほど多く見られていない当ホームページやブログ。
しかし今日のように、樹下美術館が遠くの方に伝わった結果に出会うと、とても嬉しいのです。

2014年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

▲ このページのTOPへ