周辺の秋 弟と。

2019年8月27日(火曜日)

周辺の水田は色づき、辺りで秋が進んでいる。

 

2017大洞原で初めて見た鳥追いのカイトが近隣で盛んに活躍している。

 

大風11号以後、程よい雨に恵まれ、素人の私がみても豊作の予感。

 

樹下美術館の前庭にある3本のアオハダの実が色づいている。

 

赤く可憐な実だが、鳥が食べるのを見た事がない。

 

一昨日宮城県から豚飼いの弟が来た。家ご飯の所望があり妻が腕を振るった。

 

イチジクに生ハムが巻かれている。

 

弟の豚肉は絶品だが、あえて当夜は牛。

 

 

スタッフのご主人の菜園から届いた野菜。
茄子は小さい時期の収穫が流儀という。確かに美味しかった。

 

牧区のご飯にタラコの麹づけ。縁者が届けて下さる牧区のお米は大変美味しい。新米の時期を迎えても前年のお米はまだ香り高く膨らむ。水が良いのと、天日干しが効いているからと聞いたことがある。

 

若き日に韓国、スペイン、イタリアを訪ね、あるいは生活をしたわずか一才違いの弟。いつものように国と風土、風土と自然そして営み、さらに文化のことなどを話した。何故、何故を問うて生きてきた弟には体を大切にして貰いたい(話をしていると、どっちが兄だか分からなくなる瞬間がある、、、)。

2019年8月
« 7月   9月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

▲ このページのTOPへ