蝋梅(ロウバイ)。

2023年1月17日(火曜日)

冬の晴れ間に外出すると良い匂いがすることがある。この先は水仙だが、今は蝋梅(ロウバイ)が香っている。

大雪の冬などに出会う蝋梅は遠く感じていた春を思い出させ、光景はあとあとまで目に浮かぶ。
昨日の在宅回りであるお宅の庭が香り、玄関はいっそう良い匂いがした。

いつも明るく迎えて頂くお花。
水仙と蝋梅の二重奏。

お宅の蝋梅は3メートルほどもあり満開だった。お爺さんが植えたと仰った。

花のことを話すると奥さんが枝を届けて下さった。

 

枝は仕事場の庭の水鉢に漬け、一枝玄関の花瓶に飾られた。

毎年、うちも欲しいと話しながら立ち消えになっていた蝋梅。昨日妻はムサシへ行って、一鉢購入してきた。

1本残っていたという蝋梅は3980円。ちょうど私の背丈ほどで、今付いている花は少ないが幹が立派で、これから冬の楽しみに。
往診や外出で匂うよう、仕事場の玄関脇、空いている所に植えようと思う。

幹と枝は堅そうなので雪囲いは軽く縛る程度でよさそうだ。ある程度の積雪でも匂ってくれることを期待しよう。

Iさん、季節の野菜や花を有り難うございます。

午前中から仕事場のカーテンが明るく、如何にも良いお天気の火曜日でした。



コメントはこちらへ(いただいたコメントは投稿者、内容とも公開されません)

2023年1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

▲ このページのTOPへ