雨に濡れた木肌 山中教授とタモリによる番組「人体VSウイルス」。

2020年7月4日(土曜日)

ほぼ一日中雨が降った日、熊本県の球磨川流域で深刻な水害が見られている。
地方のことは観光や物産で知るほか、毎年災害で知る事も少なくなく胸が痛む。

当地でも午後からかなり激しく降り、肌寒く終日雨音を聴いた。
美術館ではコロナ対策のため外気が流通する天井の排煙孔から雨が入ったためそれを閉じた。但し強い降りでも、玄関のガラス扉は開放のままで全く問題なくとても助かる。
カフェのお客様は解放した窓を喜ばれるが、さすが激しい降りとなったため遅くなって閉じた。

雨の日も良い、と言って本日来館されたお客様方、張り合いを感じます、有り難うございました。

14:30すぎの駐車場を望む。

 

さて雨に濡れる樹木の木肌が目に留まり、撮ってみた。
以下の様に十本十色で面白かった。

 

明るい灰色に白い抜けが面白いアオハダの株立ち。

カフェの右手にある8本株立ちのカエデ。

南の水田に面して明るい木肌のオニグルミ。

ベンチの西脇のソメイヨシノ。

ベンチの東脇の鉄のように堅いアカシデ。

下枝を払われたばかりのツルツルした椿。
向こうのスチール椅子と良い絵づら。

コルク質が顕著な水田に面したハンノキ。

雨がスジ状に伝わったり、一面に濡れて光ったり、木肌はそれぞれ独特で面白い。
このほかケヤキ、コナラ、松、若いモクレンやヤマザクラなど撮ってないものがあり、別な雨の日に撮りたいと思っています。

さてこの所、東京を中心とした新型コロナウイルス禍が拡大しはじめ、一次の続きというより第二波の始まりかもしれない。
そんな折、今夜山中伸弥教授とタモリ、そして二人のゲストによるNHKスペシャル「「タモリ×山中伸弥『人体 VS ウイルス』~驚異の免疫ネットワーク~」を観た。


CGが駆使され、ウイルスに対する免疫細胞や免疫物質の動態が如実に示され、新型コロナウイルスの特異性など非常に興味深かった。
このなかで回復した患者から得られた抗体を投与することによる重症者の回復例、さらに100才の高齢者の生還に希望を感じた。

回復して高い抗体価を有する人の血漿を治療に用いることは非常に現実的だ。
感染が急拡大した中国は、この方法を積極的に採用したのではないかと当初から思っていた。
治癒→血漿採取→重症者へ投与→治癒→採血、これを洗練させ繰り返す。
方法は患者が多いほど効率が上がろう。
このサイクルを効かせ、甚大な1波乗り切りの一助としたのではないかと思うが、如何だろうか。

雲がダイナミックだった強風の日 本日から通常の開館時間と営業。

2020年7月2日(木曜日)

本日梅雨の晴れ間の訪れ。
かなり風が強かったが、雲がダイナミックで清々しい日だった。
午前の仕事を済ませ通常営業となった美術館へと向った。しっかり雲が見たくて途中四ツ屋浜へ寄った。

四ツ屋浜は海沿いの旧国道(129号線)を大潟総合事務所付近で海側に入るとすぐ出る。
濃淡2色に別れた青い海は。風によって一面に白波(三角波とも聞く)が立っていた。

 

 

青がきれいな海に白波が清々しい。

 

北東方向に大きな白い雲。

 

昼さがりの美術館は大勢の方に来て頂いていました。

 

美術館から東方の雲。

 

本日からカフェは軽食としてベーグルサンド、ホットサンド、トーストをお出しすることになった。
今年購入し、裏庭に設置した丸テーブル席に座り、ベーグルサンドを食べた。

マスクはしばし傍らのカエデに掛ける。

 

 

丸テーブルのサイズは小さめだが、二人分ならサンド類の食器が乗りそうだった。
余裕を期待して、似たような仕様のサイドテーブルを探してみたい。
本来ベーグルサンドはピックルスと果物およびポットコーヒー付きで1100円です。

 

水田と高速道路の車を眺めながら美味しく食べた。

 

二度目の四ツ屋浜。帯状の雲がうねりながら横たわっている。
過日上越市の海岸から沖合に出現した貴重なロール雲が撮影された。
モーニング・グローリーと呼ばれる珍しい雲で、撮った人が羨ましかった。

 

強風のため東方にレンズ雲が見られた。

 

ねっとりとした、いかにも高密度な雲は晴れ間を交える強風の日に現れる。

レンズ雲の系統は、風によって雲が練り込まれている印象を受ける。
出現には山が関係しているようであり、東は米山・尾神岳、西は妙高山が影響していると考えられる。

本日ご来館の皆様、有り難うございました。
今後ともどうか宜しくお願い申し上げます。

ケータイメール・ライン無経験者の4枚目の机上メモが始まる。

2020年7月1日(水曜日)

私は一応スマホを持っている。
しかし汎用出来ず電話メインで、時々ほくほく線の時刻表を見るか、外出で地図を見る程度しか使わない(使えない)。

その上恥ずかしながら一度もケータイやスマホでメールというものを打ったり貰ったことがない。パソコンのEメールは使うが、まず仕事か買い物関連に限定される。

小さな道具のひらがな入力が苦手なのが原因といえば原因。ほかにアナログ頭なのと、親密な人間関係を有さないこと、あまり暇がないことなどで、電話以外ほとんどスマホをいじらないし、メールもラインも過去現在皆無なのである。

それでも生きているので、良い悪いの問題ではなさそうだ。年のせいかなと思ってみるが長年のことなので何とも言えない。
一方、ニュースを見たりブログを書いたり、写真を扱ったり、調べ物や品物を探すなど、パソコンには頻繁に接する。
それで問題なしと諦めてはいるが、目の前の人が、あっちょっと待って、とスマホを取り出したり、即座に検索したりするのを見ると少々羨ましく写る。

話反してアナログ者の骨頂、机上の一枚メモです。
PCのキーボードの手前に広げて使っています。
昨年8月から始まった大きな一枚メモが3枚目を終了、本日新しいのを敷いた。
仕事用、ブログ用、学習、予定などに手書きで使う。
今回終わったのは今年2月18日に替えたもので、4ヶ月半使ったことになった。
※手帖は医師会の仕事をしている時に必携でしたが、止めると使わなくなりました。

 

縦39センチ横42センチの紙はカレンダーの裏。
角などはボロボロになってくる。
2月18日のブログに「新型コロナの件が好転するような断片が現れることを期待している」と記している。

近づいて撮ってみました。

ボールペンの記載の上にマーカーなどを使って更に書いている。
新型コロナウイルスに関連したメモが多くみられる。
コロナの事情が好転したとは言えず残念。

本日4枚目となる紙を敷きました。

取り替えると、明日へのささやかな希望を感じます。
便利と言っていますが、結局横着が正解なのでしょう。

さて、スマホ苦手、いろは入力苦手でしたが、検索だけでも出来ればと考え、昨日就寝前のベッドで、スマホを手に例文を打つ練習をしました。
はたして少しは使うようになるでしょうか。

大変申し分けありません、7月1日は定期休館日でした。

2020年7月1日(水曜日)

昨日の記事に「7月1日から通常の営業です」と記載いたしました。
しかし、1日は水曜日のため定期休館でした。

通常の営業に戻るのは、「7月2日から」でしので、陳謝し訂正させていただきます。
勇み足を致し大変申し分けありませんでした。

どうか宜しくお願い申し上げます。
樹下美術館  館長

明日7月1日から通常の営業ですが、油断は出来ません。

2020年6月30日(火曜日)

このところ空は梅雨らしさを増し、私の好きな6月が本日で終わります。
終わるものあれば始まるものもある、という道理。明日7月1日から樹下美術館は通常業務に移行する予定です。

6月いっぱいの開館時間は午後1時~5時まで、 カフェのメニューは飲み物とケーキのみでした。
これを
開館時間午前10時から午後5時まで
カフェメニュ-:ホットサンドイッチ、ベーグルサンド、トーストの軽食をお出し出来ます。

思えば
●コロナの燃え盛りの兆しによって3月14日、翌日に迫っていた開館の延期を決めました。
●4月16日全国緊急事態宣言。これにより三密を逃れ、盛んに野山を歩きました(大潟水と森公園、茶臼山の道、五智公園、大池憩いの森、茶臼山公園など)。
●5月15日新潟県など緊急事態宣言解除で、5月25日に6月1日から午後のみ開館を決定し、一ヶ月が経ちました。

ようやく明日から例年通りの営業ですが、まだ大都市周辺を主に新型コロナウイルス流行は安定感はみられません。
むしろこの所の新規報告は、事態が本格化する3月下旬よりも多いという事実がみられます。
そのため樹下美術館は、玄関扉と屋根排煙孔の開放、カフェの窓開放(雨天は閉鎖)で大気の新鮮保持を図るほか、感染対策のいっそうこまやかな励行を心がけるつもりです。

 

 

緑深い庭と周囲の水田は大気浄化の働きをしているのではないでしょうか。

ところで、
今月第4日曜日(7月26日)の呈茶につきまして、
一回目午後1時から、二回目2時半から、1回5名様までのお客様をで迎えする予定です。
ご希望の方は美術館の窓口か、☎025-530-4155でお問い合わせ下さい。

10年ほど前から、〝長生きをすれば良いことがある〟と皆様に真剣に話すようになりました。コロナ禍を経験しながら、果たしてこれは良いことか、と考えてしまいます。
しかし周囲も自分も大変ですが、日々取り組みを続けながら、これもまた幸せのうちかもしれない、と思い直すようにしている次第です。

新型コロナウイルス対応につきまして今後とも皆様とご一緒に頑張りましょう。

拙自作絵本「森のトマト畑」を美術館で販売しています。

2020年6月29日(月曜日)

37年前、子供達のために自画自作しました粗末な絵本「森のトマト畑」。

今春、以下のように当ブログで紹介させていただきました。
トマト畑その1
トマト畑その2

1983年当時、文は原稿用紙に書いたものをそのままコピーし、そこにコピーした絵を挟んでホッチキスで留めました。
今春、小学校に上がる孫のためにパソコンで文を活字にしたものを作り、周囲にも数作差し上げました。
すると少々の好評を頂戴しましたので、新たにこしらえ、樹下美術館で販売してみましたところ、ぽつぽつと出るようになりました。

その後手書きだった表紙題字を活字にしたり、横位置の絵はその下に文を載せるなど体裁を変え、しばらくこの形でお出ししてみようと考えていますので本日紹介させて頂きました。

 

昔ながらの手書きの題字による表紙。

 

 

それを冊子に。

 

 

その後題字を活字するなど手直し。

 

これを増刷。

 

以下のように横位置の絵は小さくして下に文を付け、縦位置のものは一枚そのまま挟みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〝森の空き地に夢にまで見たトマトがなっている。集まった動物たちの喜んだこと。
美味しいまっ赤な実は、それが太陽であろうと、野菜であろうと、もうどちらでも良かったのです。
幸福な動物たちを見て、カラスは安心して村へと帰りました〟

 

このたびは以下のあとがきと奥付を付けました。

あとがき
この冊子は昭和五十八年(一九八三年)ころに作り、こどもたちや知人に差し上げました。このたび絵はそのままに、文を少し手直し致しました。まことに拙く、申し分けありません。
著者

小さな奥付

ホッチキスで留め、製本テープで背当てをした24ページの冊子。
文・絵とも家庭用コピー機で刷っていますので特に絵はコストが掛かってしまいます。
申し分けありませんが、一冊700円(税込み)にさせて頂いています。

宜しければご来館の際に、お手に取ってみていただければ有り難く思います。

雨上がりの庭に百合が咲き、雨蛙と沢蟹が現れる どうなる新型コロナウイルス。

2020年6月26日(金曜日)

たっぷり降った雨は夕刻に上がってきた。
仕事を終えて美術館に戻ると青空が現れ、白い雲が清々しかった。

 

 

 

 

雨にせかされるように百合が咲き始めた。

 

 

身長2センチほどのアマガエルが石で休んでいる。

 

もぞもぞと動いていたのは小さな蟹だった。後ろはゴルフボール。

 雨上がる樹下の小庭に百合香り小さき蛙と蟹の現る。

当分降ったり止んだり、時に陽が射したりするらしい。

 

新型コロナウイルス禍は表向き自粛解除になったは良いが、一部でもやもやと感染が続いている。この状況下では厄介な次波を否定できないばかりか、ウイルスとの共生と呼べるほどの安定感はまだ先のような気がする。
ウイルスは夏場に弱まる、という見方もあった。しかし米国の勢いを見る限り、果たしてどうなのか、見通せないのが現状ではないだろうか。

夏場とコロナウイルスの事とともに、自粛解禁の影響も現れる7月の動向が気になる。

何十年ぶりに一人で午後のゴルフをした。

2020年6月25日(木曜日)

日中ずっと曇り空だったお天気は夕刻からポツリポツリと始まり、間もなく本降りなった。
カラ梅雨気味の空が続いたので恵みの雨である。

そんな日の午後のお天気は曇り空。仕事休みだったので近くのゴルフ場に電話をして、一人で半ラウンド出来るか尋ねてみた。すぐにでも出来ます、と言う返事で1時30分からスタートさせてもらった。
午後のハーフを一人で回るのは何十年ぶりであり、こんな贅沢をしてもいいものか、と少々気が引けた。

薄暮料金という設定があり、ビジターで4650円は昔よりも随分安くなっていた。およそ1時間半、広い場所で気兼ねなく過ごせたのは幸運だった。

 

このカートに乗って回った。

仕事場から10分も掛からずに着いてしまう米山水源ゴルフ場。運営会社に変遷はあったが、50年以上前の開業当初から長く親しんだ。
ここにゴルフ場ができると、それまでテニスをしていた父やその友人たちは一斉にゴルフを始めた。今みな故人になったが、熱中振りは大変なものだった。

ただ今23時を過ぎた。
雨は力強い音を立てて降っている。森羅万象、この先の豪雨に洪水、さらに先の酷暑についてはどうか手加減をしてもらいたい。ましてコロナに於いておや。

倉石隆が挿絵した「人形使いのポーレ」から高校時代の授業を思い出した。

2020年6月24日(水曜日)

今年の倉石隆展示の挿絵本に「人形使いのポーレ」がある。
文庫本よりも一回りは大きいだけの本ながら、ハードカバーが付いている。じっとこちらを見ているこどもの表情が気になって読んでみた。展示中なので夜に持ち出し、昼には返して読んだ。

著者はドイツの作家・詩人テオドール・シュトルムと言う人だった。
町の少年と旅回りの人形使い一家の少女との物語は、幼少の出会いから青年期の再会を経て、結婚とその後の人生が描かれる。

波乱のあらすじはともかく、著者の名の響き、機械職人を目指す青年の旅と結婚などから、高校時代の恩師の授業を思い出した。
先生は私の担任で、地理と数学を教え、特に地理は印象深かった。
〝いいか、ドイツとフランスの国境地帯の広大な森林はシュヴァルツ・ヴァルトと言うんだ。ドイツ語でシュヴァルツは黒、ヴァルトは森、つまり黒い森という意味なんだ〟というような話をされた。

ある日、〝いいか、ドイツの文学史にはシュトゥルム・ウント・ドラングという時代があるんだ。ゲーテやシラーの時代で、疾風怒濤の時代と言うんだ〟という主旨を話された。
※疾風怒濤:Sturm und Drang:ドイツ語では嵐と衝動。
その折、〝いいか、青年期も一般に疾風怒濤の時代と呼ばれている。理想と現実、善と悪、愛や恋など大人への過渡期の経験は嵐のようなものなのだ〟という主旨が続いたと思う。
さらに、
〝いいか、みんなもにもそんな時期が始まっているんだ〟というようなことが述べられ、何か励ましを受けた記憶が淡く残っている。その折、〝ドイツでは職人をめざす人は青年期になると、修業の旅に出るんだ、というようなことも聴いたように残る。
先生は何かと話の頭に「いいか」と仰った。

卒業後の私にも何かしらの波乱があり、不安の中でこれが疾風怒濤なのか、と先生の授業を思い出すことがあった。
さて「人形使いのポーレ」です。

本の表紙 学習研究社版
インターネットの古書サイトで求めました。

 

 

人形劇はゲーテの作品を上演するなど本格的。
劇に夢中になった町の少年は特に道化の人形が気に入り、ある日楽屋に忍び込みそれをいじったあげく大事な部分を壊してしまう。
家にも帰れず、事情を知った一座の少女と大きな箱に入って眠る。一座はダメージを受けるが双方の親たちに叱られたうえ、許される。

 

仲良くなった少女は次の町へと去って行く。
少年は永遠の別れを実感する。

12年後、成長した主人公は機械職人になるべく旅に出る。旅先で住み込んだ親方のもとで腕を磨き認められる。ある日、惨めな境遇の女性に出会うと、幼い日に出遭った一座の少女だった。この下りでやはり高校時代の授業が蘇った。職人になるための修業の旅が如実に語られている。

小さな一冊は、ドイツの作家シュトルムの名と青年の旅から、若き日の授業が蘇った。
テオドール・シュトルムは1817年生まれと出ている。私の高祖父・玄作は1818年生まれなので同時代の人ということになる。産業革命を経てもドイツでは職人の修業制度が残り、日本の玄作じいさんは幕末の京都で、志士たちによる大規模な襲撃事件を見聞している。

小さな本でしたが興味深い一冊でした。
本にはもう一つ「みずうみ」が収められ、こちらの方が有名らしいので読みたいと思っています。
老化した頭脳はなにかと昔を思い出させ、一方で本は少年少女向けが読みやすいのです。

山崎先生、今でもこんなにして当時の授業を思い出すことがあります。

つゆ空のナデシコ、小さな柿の実、あんこロールのケーキ、新たな椅子テーブルの席。

2020年6月22日(月曜日)

日照も雲も無い一様の曇り空。27度はあったのに肌寒く感じた日。

 

美術館で満開のカワラナデシコ。
曇り空に向かって笑っている。

先日ホタルブクロを掲載した際、ネジバナとカワラナデシの三種は、もとから自生していた植物と書いた。
昭和3,40年代まで頸城、大潟、柿崎一帯に続く砂丘の松林には当たり前のように咲いていた。

 

2018年5月に植えた柿の苗が初めて実をつけた。首のあたりだった苗はすでに私の身長をかなり越えている。
沢山なっているが、剪定をして数を減らすと美味しくなるというので、三分の一くらいにした。
まだ一辺が1,5㎝くらいですが、甘柿なので秋が楽しみ。

 

裏庭にコンクリートを打ち、新しく設えた椅子とテーブル。
カフェやベンチからは見えず、はなれのような一角。
ここでお茶とケーキがオーダー出来ます。

 

本日午後ここでお茶を飲んだ。

 

今年からロールケーキにあんこを掛けるメニューを始めた。
昨年末鎌倉に行った際、喫茶店で出されたのが大変美味しく、
今年妻があんこを作りメニューに加えた。そこそこオーダーがあるらしい。
厳選したあずきを用い、塩を加えずこしらえている。
カップは同じく今年から加わったマイセンです。

ロールケーキ&あんことポット珈琲で900円です。
ポットには約2杯分のコーヒーないし紅茶が入ります。

宜しければこの席でお試しください。

婚活、メスに比しまだ気力が足りないように見えたキジのオス。

2020年6月21日(日曜日)

樹下美術館の裏は水田で、周囲の一部に雑木林が残っているので、時々一帯にキジが現れる。
彼らは鋭くケンケンと鳴いて、バタバタッと音を立てて羽を震わせる。
メスを求めるオスの行為である(あるいは縄張りを宣言しているとも)。

つい先日、庭の近くでケンケンが聞こえた。出ていくと私を認めたオスが向こうへ立ち去っていった。

近くにメスがいるかも知れないと思い、身を隠すようにしていると戻って来た。
どんどんやってくる。
目を凝らすとすぐ手前にメスが伏すようにじっとしていた。

 

丸の中にメス。頭を下げている。

以前見たハクセキレイの求愛では、オスがじっとしているメスにおじぎをしながら一方的に近づいて行った。
このキジの場合、両者はともに近寄った。

 

メスは身をかがめて近づいていく。

 

すれ違いざま、振り返ってちらりとオスを見るメス。
メスの眼光に押されたのか、オスは一瞬たじろぎ身を反らせたように見えた。

 

オスの前で毛繕いの動作をするメス。
誘っているのだと思った。

 

鳥たちの求愛では、積極的なオスに対して、当初メスは逃げたり無視をする素振りを見せることが多い。だがこのメスは自分からオスに近づき、視線を投げかけ、そばで毛繕いなどを行い、積極的ともとれる動作をした。二羽はすでに顔馴染みなのかも知れない。

 

かって典型的と考えられるオスの求愛行為を見たことがあった。
その時のオスはメスの前に出て、行く手を塞ぐようにしながら体を膨らませ,,,尾羽を振るわせて広げる動作をを繰り返した。いわゆるディスプレイだ。

 

しかるにこのオスはメスの後に従うばかりで、ディスプレイをしない。
逆にメスはオスの前を左右に移動して自分をアピールし、リードしている風だった。

 

メスが田んぼに降りようとする。

 

すぐあぜ道に戻るメス。

 

 

直後オスがメスの背後からマウントし、交尾したかに見える。

 

 

すぐさま身をかわして先を歩くメス。

 

向こうのあぜ道へ出る。

 

オスに視線を送るメス。オスは無視するように横を向いてしまう。
さきほどの交尾は上手く行かなかったのか、すねているようなオス。

 

オスは毛繕いを始める。何か興ざめした感じを受けた。

この後、先の方で再びやりとりを始めた。
私には用事があり、やや覇気の足りないオスを気にしながら去った。

ちなみに以下は2016年に見たオスの求愛。この時のオスもメスも複雑な行動をしたように思われた。

2016年の一場面。体を大きく膨らませ、広げた尾羽を振るわせメスの気を惹くオス。彼はとても積極的だった。

 

昨日見たオス。先日と同じ個体であろう。まだ独身の雰囲気だった。

私は好き勝手な印象で語っているだけだが、キジたちには自分たちなりの情熱や衝動、あるいは都合や楽しみがあるのだろう。
秋になると子供を沢山連れたメスが樹下美術館の庭に入ってくることがある。

私が何も知らないだけ、彼らなりに上手くやっているに違い無い。

庭にテーブルと椅子を新たに置いた。

2020年6月19日(金曜日)

雨の日をまじえて良い気候が続いています。

開館から当館には水田に面した裏庭に丸テーブルとベンチを置いたデッキがありました。
このたび、この席の右方10メートルほどの所にもうひと場所三人が座る席を作りました。

今年はコロナのせいで開館が遅れ、その間庭仕事に精を出すことができました。
その折、休憩の時にお茶を飲んだ場所があり、ここに席があれば、と話していました。

 

開館以来、皆様に愛されているデッキ。

 

5月下旬、椅子を置き、感じをみてみたところです。
田んぼと庭が見えて、とても良かったのです。

 

その場所(右の白矢印の所)にコンクリートを打ってもらいました。

 

コンクリートの養生が終わり、本日午後、Mホームセンターで目星を付けていた鉄製のテーブル・椅子のセットを購入しました。

 

 

 

テーブルと椅子の座面がモザイク模様。想像以上に良い感じになりました。

今後この席はご自由にお使い下さい。
座るだけで構いませんし、飲食の場合は飲み物、ケーキ」のサービスだけにさせて頂きます。

席へは現在のベンチの方からお回り下さい。
今後飛び石を置いて芝生からも入れるようにするつもりです。
従来のベンチも今まで同様にお使いください。

倉石隆の本、展示以外の挿絵。

2020年6月18日(木曜日)

現在展示中の倉石隆の「挿絵・表紙」展

早々に展示の本をめくってもいいですか、と質問を受けました。
どうぞ、と言いたいところですが、これもコロナウイルスへの対応で、大変に申し分けありませんが、手を触れずにご覧になるだけ、にさせて頂いています。

そこで本日は、現在展示されているページ以外の挿絵をわずかですが、展示の一部から紹介させていただきました。
展示用具の留め具などが写っているものもありますが、お許し下さい。

 

「幸せの王子」 1970年
オスカー・ワイルド著

 

「黒森へ」  1981年
大嶽洋子著

 

「森の少女」 1982年
椋鳩十著

 

 

「人形使いのポーレ」 1969年
シュトルム・テオダル著/望月市恵訳

 

「十五少年漂流記」 1968年
ベルヌ著/辻 昶訳

 

「宝島」 1971年
スチーブンソン著/著西村孝次訳

 

「小公子」  1969年
バーネット著/立花えりか文

 

「下北半島の風」 1972年
小田嶽夫著

 

 

「美しいおくりもの」
オー・ヘンリー著/茨木のり子訳

 

「ふしぎな玉」 1980年
椋鳩十著

 

「罪と罰」 1969年
ドストエフスキー著/中村融訳

 

「カラマゾフの兄弟」 1970年
ドストエフスキー著/中山省三訳

物語に沿ってイマジネーションを深める挿絵。場面の情景と情感にリアリティを、あるいはそれ以上に劇的な効果が求められたに違いありません。
生涯人物画に取り組み人間を探求した倉石隆。
鉛筆画、ペン画、油彩、版画的手法などさまざまな手技を駆使し、懸命に取り組み訴えた図版には、倉石隆ならではの生命感が横溢しています。

梅雨の晴れ間の庭。

2020年6月17日(水曜日)

本日は今は盛りの花を掲載いたしました。
良い気候のもと色の贅を尽くして咲く花は見応えがあります。

 

開館時から咲いている青い額アジサイ。
樹下美術館のアジサイはほぼ全て額アジサイ(ヤマアジサイ系)です。

 

その左隣の青いアジサイ。

 

その少し先にベニガク。
今年も可憐に色を深めています。

 

そのまた先に薄いピンクのアジサイ・。

 

 

 

上2枚は青いアジサイの一角で。

 

西の庭の足元の花。

 

ノリウツギの白さは格別。

 

一昨年のアスチルベと今年からのサルビアが足元に仲良く並ぶ。

 

南の奥からの眺め。手前は鳥たちが好きな場所です。
今年は多くの木の下枝を払い、庭の風通しを良くしました。

 

最後にホタルブクロ。ぎりぎり下から撮りました。
この花のほかカワラナデシコとネジバナの三種類は、
もとからこの土地に自生していました。

 

赤白のホタルブクロは、ここと思えばまたあちら式に毎年咲きます。

梅雨とはいえ晴れ間がほどよく現れ、,過ごしやすい気候で花共々喜んでいます。

一年生の下校。

2020年6月16日(火曜日)

昨日午後の在宅回りの折、信号待ちをする可愛い小学生を見た。
帽子もランドセルも黄色。体型や仕草、横顔はあどけなく、一年生だと思った。

入学式はじめ授業も不規則続き、児童生徒さんたちはもろにコロナの影響を受けた。わけても一年生は特別だったにちがいない。
ようやく通常の登校が始まっているが、不慣れなことだろう。

 

国道の信号は長い。すわって待つこどもたち。
大人に見守られる様子は、ひな鳥のようだ。

ウイルス禍は続く。
この子たちはコロナ世代などと呼ばれて生きて行くのだろうか。

クルーズ船、宴会、繁華街、ジム、等々、感染は大人の娯楽や習慣が主に拡げた。

罪も無くあどけない子供たちをみていると、可哀想な気がしてくる。

どうか子供らしい夢中さを発揮して、長く力強く生きてほしい。

2020年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

▲ このページのTOPへ