春を喜ぶ若芽若葉たち。

2019年4月18日(木曜日)

数日うららかな春の陽が射すと一斉に樹木の芽が膨らみ、競うように若葉を広げている。
本日昼、樹下美術館の若芽若葉を中心に、庭木を撮ってみました。

 

カフェ正面ですくすく成長するイタヤカエデ
メープルシロップが採れる樹です、きれいに黄葉します。

 

その下の中低木ナツハゼ
大きな樹木の下で秋に黒い実をつけ、紅葉します。

 

 

その手前のモミジは昨年成長した枝。

 

右少し奥のナツツバキ
初夏に白い花をつけ、株立ちが似合う樹です。

 

その前のアメリカハナミズキ
間もなく開花します、これは白花。

 

さらにその前のヤシオツツジ
もうすぐ品の良いやや大きめの花を咲かせます。

 

建物正面右の中低木のニシキギ
秋の紅葉が見事。

 

正面左のアオハダ
三カ所で爽やかに株立しています。

 

正面右のやや低木のマユミ
ニシキギと兄弟のような木、真っ赤に紅葉します。

 

その右のツツジ
しばらくするとピンクの花が咲きます。

 

右奥の低木はウノハナ
「夏は来ぬ」の白い花は初夏の象徴。

 

そのまた奥のドウダンツツジ
6、7本くらいあり、一部で咲き始めた。

 

その手前の低い木、ヒメウツギ
白い小花をいっぱい咲かせます。

 

カフェ向かって右のこれも低いシモツケ
初夏にピンクの花が可憐。

 

その近くのガクアジサイ
樹下美術館に沢山あり、6月が楽しみ。

 

カフェ正面のカシワバアジサイ
夏庭の女王様、株分けをして四カ所で咲くようになりました。

 

ずっと左奥、実生のコナラ
コナラのどんぐりから生えた幼木です。

 

コナラのそばの中低木タニウツギ
旺盛に成長、夏の野の風情を演出。

 

その手前のやや低いツクバネウツギ
白く小さなトランペット形の花を沢山咲かせます。

 

カフェから右手に見えていたハクモクレンの若葉
モクレンの仲間は花も葉もゴージャス。

 

樹下美術館で現在満開のヤマザクラ
花と若葉の爽やかなトーンに心洗われる。

 

ライラック
まだ小さな苗です。

右手奥に植えて四年目のジューンベリー
そそとして目立たないが可憐。

 

眠りから覚めた彼らはみな柔らかで、軽々とした葉をまとい春の歌を謳っている。

2019年4月
« 3月   5月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

▲ このページのTOPへ