柿崎海岸を東に向かって歩いた 小さな流れ プラゴミ。

2019年10月17日(木曜日)

午後定期休診の木曜日。
その午後、90才になる方の看取りがあり、診断書を書き、その後で柿崎海岸を歩いた。空は晴れたり曇ったりを繰り返し、打ち寄せる波は比較的穏やかだった。
いつもは西へ向かうが、今日は東に歩いた。どういうわけか、西側に比べてこちらはいつもひっそりしていて、ほとんど人に会わない。

 

ずっと砂浜だがこの一角だけ砂岩が露出している。

 

そこには右(東)側から小さな流れが流入して、渚が遠浅になっている。

 

流入している流れがこれ。とても澄んでいる。

 

流れの先は次第に細くなり、最後は砂に消えてしまう。

山地からの流れが伏流となり、砂浜で姿を現すのだろうか。

 

先の方から振り返る。少しずつ日が暮れてきた。

 

海との合流点へ戻って来た。
小さな流れだけれども素晴らしい造形。
夕焼けを見たかったが用事があり帰路を急いだ。

約一時間半、人気の無い浜は快適だった。

帰り道、渚から少し上がった場所で以下のようにペットボトルを主にプラゴミがず-と帯状に散乱していた。

 

 

ここでは広く散らばっている。
((いずれも10-22㎜の広角ズームレンズを使用しました)

ゴミは過日の台風による荒波が打ち上げたものと考えられる。
海は嵐になると吸い込んだゴミを海岸へ吐き戻す。あたかも、“お前達が捨てたのだから、お前達で片付けろ”と、告げるかのように。
拾って帰ろうかと思ったが、ぺットボトルだけで何千とありそうなので本日は諦めた。

2019年10月
« 9月   11月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

▲ このページのTOPへ