2012年11月13日

荒天の日、二回目の鑑賞会。

2012年11月13日(火曜日)

次第に荒天となった午後、鑑賞会に見附市と上越市からお三人ずつお見えになった。

 

悪天候のご来場に張り合いを感じる。皆で自己紹介の後、二人の作家のプロフィールを説明させていただき、場内を回った。

 

倉石さんでは戦後の髙田時代、伝票などおびただしい書類の裏表に描かれた素描。油絵「秋」と芸術雑誌における倉石氏。謎だった西洋の女性を描いた油絵と、バルザックの小説「従姉妹ベット」の挿絵のことなどを聞いて頂いた。

 

記念写真
終えて記念写真。

 

齋藤さんでは師、富本憲吉の如実な影響。年代に見られる作品の特徴。作品入手のエピソード。雪持ち笹の紋様に関する話題などをお話させて頂いた。

 

 窓
終わってカフェに降りると外は激しい風雨。
お茶と雑談のあと在宅回りが近づきお先に失礼した。

 

皆様はゆっくりされたとお聞きしています。楽しい時間をご一緒できて嬉しく存じました。

 

作品鑑賞会
来る20日(火)、27日(火)も開催いたします。宜しければどうぞお寄り下さい。

2012年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

▲ このページのTOPへ