2016年2月26日

もてなしのまごころ 雪見会席の長養館。

2016年2月26日(金曜日)

ある人からお席の声が掛かり昨日は長養館で食事
をした。
ちょうど「雪見会席」の献立中で、心を尽くしたお料
理だった。

久し振りだった店はいつもながら風情良く、静かで
何もかも、もてなし一色に行き届いている。

 

1
雪囲いにほどよい雪がかぶっていた庭。

 

2
杜牧(とぼく)の七言絶句からの一行書は
「霜葉紅於二月花」
上二文字「霜葉」は先に妻に読まれてしまった。
脇に言葉の説明が丁寧に書いてある。
「霜葉は二月の花(桃)よりも紅なり」と読み、亀の
甲より年の劫などの意味もあるようだ。

部屋でもっとも位の高い床の間。
さらに掛け軸は部屋の主役であり、せっかくだか
ら読んでみるのは一種クイズのようで楽しい。
一般に読みや意味が分からなければは仲居さん
に聞けば良いし、駄目でも大抵あるじに聞いてく
れる。
別な所で同じ文字(文)に出会うことも案外ある。

 

3
およそ一年ぶりにお酒を少しだけ口にした。
液体の宝石とまごうばかりの豊さだったが、次回はまた
一年後の楽しみに取って置こう。

さて相客はいつの間にか古風な趣味の人になっていて、
時の経つのを忘れた。
石垣があったのではないか、と言って春日山城の丁寧
な復元を訴え、漆器への愛着や、歴史的建造物の貴重
などおよそ3時間、話は尽きなかった。

5
畳廊下の要所に人がいて館内の案内をしてくれる。

ひとえに和風の長養館はいつも塵ひとつなく、もてなし
のまごころが伝わる。

2016年2月
« 1月   3月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829  

▲ このページのTOPへ