小山作之助の曾孫のヴァイオリニスト、亡き中島幸子さん。

2016年7月21日(木曜日)

去る7月18日、海の日の祝日に卯の花音楽祭が上越市大潟区
で催されました。
大潟区出身で、荒城の月の瀧廉太郎を育て、夏は来ぬや川中島、
漁業の歌などを作曲した我が国の教育音楽の母と称される小山
作之助を讃える音楽会でした。

作之助の母はわたくしどもの高祖父、蘭学医杉田玄作の二女トヨ
で、作之助の弟で医師となった直次郎は当家に養子に入りしました
ので小生はその孫の一人、作之助は大叔父に当たります。

自分は作之助にいくばくか血縁ある身ですが、音楽の才能は無く、
卯の花音楽祭に際してわずかの寄附をさせて頂くだけ、あとは盆
に当家墓所の隣にある作之助の墓掃除くらいで、何もしていない
恥ずかしい縁者です。

ところで作之助に関する業績展示や顕彰事業は折々行われていま
すが、その子孫、特に音楽関係の後人についてあまり知られていま
せん。

実は直系の曾孫(そうそん・ひまご)に1949年2月27日上越市大
潟区生まれで、生後70日で上京した故中島幸子(なかじまさちこ)
というヴァイオリニストがいます。
幸子さんは国立音楽大学付属幼稚園から同付属小、中、高、そして
同大学でヴァイオリンを学び、その間に久保田良作氏にも師事しまし
た。
※久保田良作:1928年-1997年のヴァイオリニスト、皇太子徳仁
親王のヴィオラ、ヴァイオリンの教師を務めた。桐朋学園大学教授。

幸子さんには以下のような輝かしい経歴がありました。
・1966年:学生音楽コンクール高等学校の部全国1位。
・1970年:第39回日本音楽コンクール2位。
・1971年:皇居に於ける御前演奏会に出演、海外派遣コンクール
入賞。
・1972年:ザルツブルグのモーツアルテウム音楽院のマスターク
ラス入学、シャンドール・ヴェーク教授に師事。
・1973年:モーツアルト音楽祭にソリストとして出演。
・1974年:ヴェーク教授のアシスタントとなり後進の指導に関わる。
・1975年:米国のマルボロ音楽祭に参加、同年東京でデビューリ
サイタル。
・1977年:パガニーニ国際コンクール2位。
・1976年からザルツブルグ・カメラータアカデミカ合奏団でコンサー
トマスター兼ソリストを務めるようになる。
・1978年:ヘンリク・シェリング賞受賞。
・1979年:東京で二度目のリサイタル、また東京都交響楽団、東京
フィルハーモニー交響楽団と協奏曲を演奏(後にNHKテレビで放映)、
NHKFM「夕のリサイタル」に出演。

 

中島幸子さん写真
1979年、チャーミングな中島幸子さん31才のポートレート。
(ヴァイオリンと共に 中島香織1983年8月6日発行 から)

・1979年12月スウェーデンにてヴェーク教授の門下生だったヴァイ
オリニスト、オラ・ルードナー(オーラ・ルードナー)氏と結婚。
・1980年:夫ルードナー氏およびリチャード・レスター氏と「ザルツブル
グ・ストリング・トリオ」を結成、ヨーロッパ各地で演奏。
1981年:東京でトリオの演奏会、その後東北、四国、中国地方の各
地新聞社主催による演奏会に出演。
・1982年8月5日:ザルツブルグで長男ヨナス(陽)を出産。

1982年8月6日:長男出産10数時間後、突然肺梗塞を発症、33才
で夭折。
素晴らしい音楽歴を経て、新たな幸福に向かう時に何という悲運でし
ょう。
本当にこんなことがあったとは、とても信じられないことです。

次回はお母様が1983年8月に発行された幸子さんの追悼文集につ
いて掲載させて頂きたいと考えています。

2016年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

▲ このページのTOPへ